やさしい療育日記

心とからだの「発達」と「療育」〜発達ゆっくりの長男と次男を育てる二児の母が発達障がいに向き合う日々をつづります〜

長男の妊娠〜出産までの道のり⑥

入院2日目の夜、産院の先生から「赤ちゃんのお鼻が狭くて、産院にある管が通らない状態です。このままだと鼻から上手に呼吸が出来なくて、成長に必要な母乳やミルクを飲めない可能性があります。明後日、もう一度「鼻腔」の様子を確認して、ミルクの飲みが悪かったり、まだ管が通らなかったら県立病院の先生と相談してNICUに入院してもらおうかと思っています」と言われました。

鼻腔が狭いってどういうこと?フガフガ言ってるけどただの鼻詰まりじゃないのかな?県立病院に転院?NICUってどんなところなの? 

もう、いっきに不安や疑問があふれ出てきて、ほとんど出てこない母乳がもっとたくさん出てくるように、どうかお鼻の奥が通じていますように…祈るように授乳し続けました。

入院4日目の夜、先生から「たぶん大丈夫だと思うけれど、鼻腔が狭いだけでなく閉塞しているかもしれないから、県立病院で精査入院しましょう」とお話がありました…。

 

※鼻腔狭窄:新生児・乳児期の呼吸は基本的には鼻呼吸が中心なので、鼻腔閉塞でなくても、片方の鼻腔狭窄症状だけで呼吸困難または哺乳障害となりやすい

NICU:新生児集中治療室、新生児を対象に高度な専門医療を24時間体制で提供する治療室

 

翌日、産院を退院と同時に紹介状を手にした私は、生後5日の赤ちゃんをブカブカのチャイルドシートに乗せて、NICUへ連れて行くことになったのです。

 

 f:id:naganyannyan:20160504185253j:plain

当時の長男、NICUにて

 

 向日葵