読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やさしい療育日記

心とからだの「発達」と「療育」〜発達ゆっくりの長男と次男を育てる二児の母が発達障がいに向き合う日々をつづります〜

長男の妊娠〜出産までの道のり④

実家に戻り、私にとっては3つ目の産婦人科検診初日の日がやって来ました。

最初の婦人科クリニックでは妊娠確認が出来ずに大きな病院に紹介され、無事に母子手帳がもらえるまで通ったかと思ったら、今度は引越しの為3つ目の産婦人科クリニックへ(笑)

順調に妊婦検診に通い始めて、2ヶ月位経ったある日、またまた心配な事が見つかりました。

毎回エコー検査の際に、赤ちゃんの太ももの長さを計測するのですが、どうも足の部分の成長が遅く、平均より短いかもしれないとの診断でした。

「ええっ」…子宮外妊娠の心配がなくなったと思ったら今度は足の成長が遅いだなんて。

妊娠が分かってから、様々な雑誌で紹介されているサプリや体に良い物を食べてきたつもりだったのに。いったい何が悪かったのかなぁと落ち込む日々を過ごすこととなったのです。(別に何も悪くなかったのですが当時は自分をかなり責めました)

本来、妊娠がわかる前から飲んだほうが良いサプリメントとして有名なのが『葉酸』です。恥ずかしながら私は、妊娠するまで『葉酸』のことを知りませんでした。

赤ちゃんの太ももの長さを指摘され、出来ることからはじめようと葉酸サプリメントをいくつか調べて飲み始めました。

こんなによいものなら、もっと早くから飲んでおけばよかったなぁと今でも後悔しています。

 

 

妊娠前期は、悪阻の影響もあり、食欲低下や食べられるものに偏りが出てしまい、栄養不足になりがちでした。

「次のエコー検査では、赤ちゃんの足が成長しているかな」とドキドキしながら通う日々をすごし、妊娠ライフを楽しむ余裕がないまま、あっという間に妊娠中期が通り過ぎていきました。

 

 

向日葵